フォントサイズ:

東電・福島第一 100分の1程度が放出 全放射能量の概略試算

2011年4月22日

東京電力は12日、事故を起した福島第一原子力発電所1〜6号機の、事故時と1か月後の全放射能量の概略評価結果を発表した。


発表では、1〜6号機の各炉心、使用済み燃料プールごとに、希ガス、ヨウ素などのハロゲン、その他の核分裂生成物(ストロンチウム、セシウムなど)別に評価している。


1〜6号機の合計放射能量は、事故発生の11日時点では計7億2000万テラベクレル、1か月後の4月11日時点では1億5000万テラベクレルに減少している。