フォントサイズ:

文科省他 「放射線量等分布マップ」作成 環境モニタリング強化へ

2011年5月9日

文部科学省は、関係機関との連携により、福島第一原子力発電所事故の全体像を把握するとともに、周辺住民らの計画的避難区域等設定の評価に資するため、「放射線量等分布マップ」の作成など、環境モニタリングの取組を強化することとした。同省、内閣府、経済産業省が、22日に共同会見を行い、「環境モニタリング強化計画」として発表したもの。
このほど取り組むこととなった「環境モニタリング強化計画」は、事態が未だ収束していない中で、発電所周辺を含む適切な範囲での放射性物質の分布を把握、今後の各応急対策実施区域における線量評価や放射性物質の蓄積状況評価を準備し、周辺住民の被ばく線量評価にも資する。