フォントサイズ:

IAEA 事故暫定報告を提出 「献身的最善のアプローチ」

2011年6月3日

国際原子力機関(IAEA)福島事故調査団は1日、日本政府に暫定報告を提出し、以下の概要を示した。


▽困難な状況下でサイト運転員の献身的で強い決意を持つ専門的対応は模範的で、非常事態を考慮すれば結果的に安全を確保する上で最善のアプローチとなった。


▽避難措置など日本政府の公衆保護のための長期的対応は見事で良く組織されている。被ばくに関する適切で時宜を得たフォローアップ計画及び健康モニタリングも有益。


▽原子炉復旧計画のロード・マップは重要。状況に応じ修正が必要となるが、国際的な支援も受けられる。避難した人々が通常の生活の再開することを可能とし、放射線の放出により影響を受けた敷地外の地域の救済をもたらす可能性がある、より一層広範な計画の一部とみなされるべきである。極限的な原子力の事象に対応する上で、何を成し遂げ得るのかを世界に示すことになる。