フォントサイズ:

科技基本計画 大震災踏まえ再見直し 原子力安全、防災強化

2011年6月19日

政府・総合科学技術会議はこのほど、科学技術基本計画の見直し案をとりまとめた。次期策定の第4期計画は、11年度に開始するものとして、昨年12月に総理大臣に答申されたが、3月の東日本大震災を受け、再検討を行っていた。26日まで国民の意見を募集した後、各省協議を踏まえ、8月の閣議決定を目指す。


今回の見直し案では、冒頭の基本認識で、「日本における未曾有の危機と世界の変化」を掲げ、震災に伴う社会的・経済的影響に加え、福島の原子力事故で、「国民は、科学技術の可能性とともに、その潜在的リスクについて極めて敏感に」として、科学技術政策を他の政策と横断的かつ一体的に展開、推進していく必要を述べている。