フォントサイズ:

セシウム50Bq以下で 水の遊泳基準 高い値検出されず

2011年7月1日

環境省は23日、海水浴場や河川などで遊泳できる今夏の放射性物質濃度の安全基準を暫定的に定め、同日の原子力安全委員会で承認を得た上で決定した。

1リットル当たり放射性セシウムで50ベクレル以下、放射性ヨウ素で同30ベクレル以下とした。適用は7、8月の計62日間で、毎日5時間泳いでも安全な目安として定めた。来夏については改めて検討することにしている。

枝野幸男・官房長官は同日の記者会見で、各自治体が行った同日までの全国135か所の海水浴場の水質モニタリングでは、いわき市の海水浴場1か所を除き「検出限界以下」で、同海水浴場の値も放射性セシウムが1リットル当たり13ベクレルとかなり低い値であり、「いずれにしても、泳いでも健康に害はないという状況」と強調した。