フォントサイズ:

保安院公表 東電からの第1報 「D/G冷却系水没」

2011年7月7日

原子力安全・保安院は6月24日、福島第一および第二原子力発電所の状況について、事故発生から5月31日までの東京電力から同院への報告原資料約1万1000枚をホームページで公開した。


資料の第1報(=画像)は、3月11日16時00分発、「東京電力(株)原子力立地会議室」からの「特定事象発生通報(原子炉施設)」で、経済産業大臣、福島県知事、大熊町長、双葉町長宛で、通報者は吉田昌・福島第一原子力発電所長。


内容は、同1〜5号機(後に1〜3号機に訂正)が15時42分に「全交流電源喪失」による原子力災害対策特別措置法上の「第10条通報」で、排気筒放射線モニタの指示値は「変化なし」、「その他」事項で、「地震発生に伴う津波によりD/G(ディーゼル発電機)冷却海水系が水没したため、冷却水が無くなり、D/Gがトリップ(緊急停止)した」と記載されている。

保安院公表 東電からの第1報 「D/G冷却系水没」