フォントサイズ:

安全委 安全指針見直しで小委が始動 地震・津波、長期間の電源喪失など焦点

2011年7月22日

原子力安全委員会の安全設計審査指針類の検討のため新たに設けられた各小委員会が15日までに、初会合を行った。福島の原子力災害の教訓を踏まえ、抜本的見直しを図るもの。


地震・津波関連指針等検討小委員会(主査=入倉孝次郎・愛知工業大学客員教授)では、耐震設計審査指針の見直しに着手した。安全委では、06年に同指針を改訂しているが、今般の震災に鑑み、同指針および関連の指針類に反映すべき事項を再検討する。改訂耐震指針に基づき、既存の原子力施設に対する耐震安全性評価、いわゆるバックチェックを進めてきたが、検討小委では、これらバックチェックで得られた経験・知見に加え、特に、東北地方太平洋沖地震、それに伴う津波に係る教訓も踏まえ、文部科学省の地震調査研究推進本部、中央防災会議など、関係機関からも積極的に意見を求め、他の小委員会とも連携しながら検討を進めていく。