フォントサイズ:

福島事故 東電が詳細資料公表 電源盤が機能喪失

2011年9月1日

福島原子力発電所事故調査・検証委員会(委員長=畑村洋太郎・東京大学名誉教授)の第2回会合(7月8日)に東京電力が提出した資料(=上の表)によると、3月11日午後2時46分の東北地方太平洋沖地震で発生した津波の影響で、約34分後に押し寄せた高さ最大15メートル(遡上高)の海水で、結果的に多くの非常用電源設備や原子炉停止後の残留熱除去系(RHRS)の電源盤などの機器が水没し、その機能を喪失した詳細が明らかとなった。


原子炉6基がある福島第一原子力発電所では、13台ある非常用ディーゼル発電機(DG)のうち、6号機の空冷ディーゼル発電機1台を除いて、本体の水没か電源盤の水没、海水冷却系喪失で、その機能を失っている。

福島事故 東電が詳細資料公表 電源盤が機能喪失