フォントサイズ:

経産相に枝野前官房長官 鉢呂大臣辞任で 事故対応に継続性

2011年9月19日

野田首相は12日、枝野幸男衆議院議員を、経済産業相に任命した。11日の鉢呂吉雄氏辞任に伴うもの。枝野氏は、前菅内閣で官房長官を務めており、3月の東日本大震災および福島原子力災害の発生以降、一貫して政府のスポークスマンとして、マスメディアや被災地の対応に当たってきた経験から、今回の経産相就任で、引き続き原発事故収束、さらに今後のエネルギー政策見直しに関しても、「即戦力」となって手腕を発揮することが期待される。


12日に経産省で就任記者会見に臨んだ枝野大臣は冒頭、前任の鉢呂氏の被災地視察を巡る発言について詫びた上、まず第一に、原発事故対応を課題にあげ、合わせて、被災者の支援に最大限努力することや、内需拡大・雇用確保などを重点に、経済の立て直しを図ることを明言した。