フォントサイズ:

原子力委・新政策大綱 半年ぶりに審議再開 細野大臣「まずコスト評価から」 バックエンド・コストも含め 「国民の厳しい目」 意識して議論を要請

2011年9月29日

細野豪志・原発事故担当相は27日の閣議後の記者会見で、原子力政策大綱の検討再開に当って、「今回の事故を受けて原子力政策、原子力発電をめぐっては国民の非常に厳しい目が向けられていることを踏まえた上で、大綱の議論をしてもらいたい」と述べた。

また同相は当面、議論の中で先行させるのはコスト問題になることを明らかにした上で、「バックエンドも含めてコストをしっかり明示し、国民の皆さんにしっかり知らせることを最優先にしてもらいたい」と期待を示した。