フォントサイズ:

日本原電 プラント輸出が現実味 ベトナムFS契約締結

2011年9月29日

日本原子力発電は28日、ベトナム電力公社との間で、同国ニントゥアン省第2サイトでの原子力発電導入可能性調査(FS)を実施する契約を同日締結した、と発表した。合わせて同日、同社はハノイ市内に現地事務所を開設した。

第2サイトでは、第1サイトでのロシアに続いて、日本企業連合がプラント受注を目指しており、日本原電が正式にFS実施企業になったことで、福島事故を乗越えて我が国からの原発輸出の実現性がより高まった。

FS契約では13年3月までに、同公社が原子力発電所導入の是非を判断するために、原子力発電所の必要性、基本設計、炉型、安全性、経済性、立地の可能性などを調査・評価して、報告することになっている。