フォントサイズ:

津波高さ想定に「甘さ」 東電、福島事故調査報告公表

2012年6月29日

東京電力は20日、福島原子力事故調査報告書を取りまとめ、原子力安全に対するこれまでの取組、発電所を襲った地震・津波の大きさと設備への影響、事故対応の状況、得られた教訓に基づく設備面および運用面の対策について、調査・検証から明らかになった事実を公表した。今回の福島第一1〜3号機が炉心損傷事故に至った直接的原因は、津波襲来ですべての冷却手段を失ったことにあるが、報告書では、津波に対抗する備えが不十分だったことが根本的原因との反省に立ち、想定を超える事象が発生することを基本的考え方に据え、講じるべき対策を述べている。

東京電力では、11年6月より社内委員会で事故の調査・検証を進め、12月には、原因と再発防止に向けた主として設備面の対策を取りまとめた中間報告書を公表。今回報告書では、設備面に加え、事故対応に関する運用面の課題を抽出するなど、これまでに明らかとなった事実や、解析結果等に基づき原因を究明し、原子力発電所の安全性向上に寄与するための必要な対策を提案すべく、充実・追加を図った。

<後略>