フォントサイズ:

区域・時期ごとに具体策 福島復興再生計画 インフラ等機能強化

2013年3月27日

政府は19日、福島原子力災害被災地の復興に向けたインフラ、生活、環境、産業に係る向こう10年程度の具体的取り組み内容を示す「避難解除等区域復興再生計画」を決定した。福島復興再生特別法に基づき、7月に策定された「福島復興再生基本方針」に即して首相決定となったもの。避難区分に応じた復興のあり方、公共インフラ復旧などの広域的な地域整備の方向性、市町村ごとの計画からなっており、本計画策定に際し、根本匠復興大臣は、住民・企業に判断材料を提供し、帰還促進を図りたいとしている。


原子力事故を受けた福島県内避難指示区域対象の11市町村では、4月1日までに、9市町村が避難指示解除準備区域、居住制限区域、帰還困難区域への再編を終えるが、今回の再生計画は、全般的事項として、これら3区域と避難解除区域ごと、また、短期(2年後)、中期(5年後)、長期(10年後)の時間軸で、それぞれに応じた復興の姿や進め方を示している。


<後略>