フォントサイズ:

ステップ2達成「年内目標」明記 東電・福島第一「道筋」進捗状況 滞留水処理12万トン超え 1〜3号炉 冷温停止状態へ前進

2011年10月20日

政府・東京電力統合対策室は17日、福島第一原子力発電所事故収束に向けた「道筋」の進捗状況を発表した。「放射性物質の放出が管理され、放射線量が大幅に抑えられている」ことを目指すステップ2の完了時期を、今回、「年内を目標」と明記したのを受け、同日、東京電力本社で記者会見に立った園田康博・内閣府大臣政務官(原発担当、=写真中央)は、その達成に向け「全力を挙げる」と述べた。


東京電力は、4月に「道筋」を公表以降、毎月進捗状況を発表しており、今回は6回目となる。7月に完了したステップ1(放射線量が着実に減少傾向)に続くステップ2の「年内達成」が、前回の9月時点では、細野原発担当相発言による「努力目標」となっていたが、原子炉の冷温停止状態への進展を受け、今回はロードマップ上に明記した。10項目に整理された課題のうち、前回完了した「燃料プール」の他、「滞留水」、「津波・補強・他」を合わせ、計3項目でステップ2の目標を達成、建屋内の滞留水を処理し、原子炉冷却に再利用する循環注水冷却では、13日時点で既に、累計約12万8140トンを処理しており、豪雨や処理施設の長期停止にも耐えうるよう、冷温停止状態達成に向け継続中だ。

ステップ2達成「年内目標」明記 東電・福島第一「道筋」進捗状況 滞留水処理12万トン超え 1〜3号炉 冷温停止状態へ前進