フォントサイズ:

「津波、停電が事故主因」 原文振 多彩な識者で福島シンポ

2011年10月27日

日本原子力文化振興財団は21日、東京・有楽町の朝日ホールでシンポジウム「これからの原子力を考える──東京電力福島第一原子力発電所事故と原子力の行方」を開催した。

ジャーナリストの田原総一朗氏をコーディネーターに、石川迪夫・日本原子力技術協会最高顧問、作家の豊田有恒氏、評論家の西尾幹二氏、山名元・京都大学原子炉実験所教授、吉岡斉・九州大学副学長が論戦を戦わせた。

「津波、停電が事故主因」 原文振 多彩な識者で福島シンポ