フォントサイズ:

想定外でも十分な安全裕度 関電・大飯3号 初のストレス試験結果

2011年11月4日

関西電力は10月28日、原子力安全・保安院に、大飯原子力発電所3号機の安全性に係る総合的評価、いわゆる「ストレステスト」の1次評価を提出した。電力会社からの同評価報告は初めてのことで、「設計上の想定を超える事象に対する安全裕度を十分に有している」などとしている。大飯3号機は、3月18日より定期検査に入っているが、7月11日の3閣僚による統一見解に従い、原子力発電所の再稼働には、「ストレステスト」の妥当性確認が必要条件となっている。

発電所の安全性に関する総合的評価は、福島原子力事故の教訓に立ち、設計上の想定を超える事象に対して、コンピューターを駆使し、どの程度の裕度があるかを確認するもので、定期検査中で起動準備の整ったプラントについては、設計基準上の許容値を安全裕度の比較対象とする1次評価が行われる。事象としては、地震・津波が発生した場合、施設全体の安全対策や、燃料の重大な損傷の防止対策により、全体として炉心損傷に至るまでの余裕を評価する。