フォントサイズ:

新たに3目標を達成 福島事故対策 炉容器温度も低下

2011年11月22日

政府・東京電力統合対策室は17日、福島第一原子力発電所事故の収束に向けた「道筋」の進捗状況を発表した。前回10月17日の報告時から、「燃料プール」、「滞留水」、「津波・補強・他」に加え、新たに「地下水」、「大気・土壌」、「測定・低減・公表」の3課題がステップ2の目標を達成しており、年内を目指すステップ2の達成に向け、着実な進展がみられている。

原子炉は、冷温停止状態達成に向け、引き続き1〜3号機で注水が行われており、圧力容器底部温度は16日時点で1号機37℃、2号機69℃、3号機69℃と、いずれも前回より温度が下がり100℃以下の安定状態となっている。また、1〜3号機格納容器からの放射性物質の放出量は約0.6億ベクレル/時で、これにより、敷地境界における被ばく線量は、過去分を除き最大でも0.1mSv/年で前回の約半分となった。