フォントサイズ:

早急な災害収束求める 福井県4市町長 原子力との共生

2011年12月1日

福井県の原子力発電所を立地する4市町の首長らが11月29日、枝野幸男経済産業大臣(=写真左端)を訪問し、会談を行った。


会談に際し、立地自治体で構成する「福井県原子力発電所所在市町協議会」(会長=山口治太郎・美浜町長)名で枝野大臣に手渡された要請書ではまず、安全確保を大前提に、これまで原子力との共生を目指してきた理念は、福島事故後も「いささかも揺らいでいない」ことを明言した上で、国において、原子力政策の建設的な議論が進められるよう求めている。

早急な災害収束求める 福井県4市町長 原子力との共生