フォントサイズ:

英知集めて除染・廃炉 原産会長挨拶 福島に研究拠点を

2012年1月13日

原産協会は11日、新年会員交流会を都内で開催した。

今井敬・原産会長は年頭挨拶で産業界が一体となって除染や賠償、廃炉などの課題解決に協力していく必要があるとした。除染・廃炉を進めるには、一国内だけの閉ざされた枠の中でなく世界の英知を集めた国際プロジェクトとして進めていくべきだとし、廃炉のための国際的な研究拠点を福島県に設置すれば、グローバル化と同時に福島復興や人材育成にも役立つとした。

また既存原子力発電所の再起動問題は、早急に手を打たなければならないとし、建設中や計画中の原子力発電所は、世界最高の安全性を高めたものを導入し、それを情報発信した上で建設を進めていくべきとした。さらに使用済み燃料の中間貯蔵が重要性を増すとし、サイクルやバックエンドの問題についても意欲的な取り組みを求めた。

続いて有馬朗人・東京大学名誉教授が来賓挨拶を行い、叡智を結集し困難を克服しよう、と力強いメッセージを送った。

英知集めて除染・廃炉 原産会長挨拶 福島に研究拠点を