フォントサイズ:

【わが国の原子力発電所運転速報】 再稼働できず、運転中2基に 2月の設備利用率6.1%に

2012年3月12日

原産協会の調べによると、2月の国内原子力発電所の稼働状況は、総発電電力量が20億7522万kWh(対前年同期比91.1%減)で、設備利用率は6.1%(同64.7ポイント減)と、定期検査中プラントの再稼働ができず、遂に10%を切る格好となってしまった。現在、運転中のプラントは、北海道電力泊3号機と東京電力柏崎刈羽6号機の2基のみである。

2月中に定期検査入りしたのは、20日に停止した関西電力の高浜3号機(=写真左)の1基で、同機の検査日程は約4か月間が予定されている。また、これに伴い、同社の原子力発電所は、1979年7月の全6基停止して以来、32年7か月ぶりに全基が停止することとなった。関西電力では、寒波による電力需要の急増や、発電施設のトラブル等に備え、「でんき予報」による電力需給状況の情報発信などを通じ、引き続き節電を呼びかけている。

【わが国の原子力発電所運転速報】 再稼働できず、運転中2基に 2月の設備利用率6.1%に