フォントサイズ:

大綱の見直し状況報告 エネ調・基本問題委 処分地問題に厳しい目も

2012年3月19日

経済産業省の総合資源エネルギー調査会・基本問題委員会(=写真・委員長=三村明夫・新日本製鉄会長)は7日、原子力委員会の近藤駿介委員長より、現在、同委で進められている政策大綱見直し状況について説明を受け、質疑応答を行った。


10年末に開始された原子力政策大綱の見直し審議は、福島原子力事故発生を受けて、一時中断となったものの、昨秋に再開、現在、今後の原子力発電のあり方に応じた政策課題領域を整理した上で、例えば、核燃料サイクルの方向性に関しては、小委員会で技術選択肢、政策選択肢の視点で分析・評価を行うなど、各領域ごとに議論が進みつつある。


<後略>

大綱の見直し状況報告 エネ調・基本問題委 処分地問題に厳しい目も