フォントサイズ:

耐性検査で初の見解 安全委が大飯3、4号で 速やかな2次評価求める

2012年3月29日

原子力安全委員会は、23日の臨時会議で、関西電力大飯発電所3、4号機(=写真)で実施されたストレステスト(耐性検査)1次評価に関し、「(福島事故を踏まえた)緊急安全対策等の一定の効果が示された」などと評価する一方、2次評価を速やかに実施し、一層の安全性向上に努めるべきとする見解を取りまとめた。同委が個別プラントのストレステストについて、見解を示すのは初めてのこと。

ストレステストは、福島事故を踏まえ、安全委員会が同委設置法に基づき、原子力安全・保安院に対し要請した「総合的安全評価」で、設計上の想定を超える外部事象に対する安全裕度を多重防護の観点から把握するとともに、事業者自らによる実施、その評価結果に対する保安院の審査を通じ、施設の頑健性に関して総合的な評価を確認するのが主目的だ。1次評価と2次評価のうち、定期検査中のプラントについて実施する1次評価は、官房長官、経済産業相、原発担当相により昨夏に公表された合意文書で、運転再開の可否を判断するものと位置付けられており、今回、大飯3、4号機の1次評価結果について、技術的・専門的見地から、一定の評価が得られたことから、今後の再稼働に向けては、閣僚レベルでの判断に焦点が移ることとなる。

<後略>

耐性検査で初の見解 安全委が大飯3、4号で 速やかな2次評価求める