フォントサイズ:

総合資源エネ調査会 委員の視点盛り込み再整理 エネ・ミックス選択肢、審議佳境

2012年3月29日

経済産業省の総合資源エネルギー調査会・基本問題委員会(委員長=三村明夫・新日本製鉄会長)は27日、前回会合までに行った各委員からのエネルギーミックスの選択肢に関する意見照会集約を、原子力発電の比率で「0%」、「5%」、「20%」、「25%」、「35%」と、数字を示さない意見とに類別し、これらに関する基本的考え方・視点も加えた「A」〜「F」のカテゴリーに再整理し議論した。今後は、5月のエネルギー・環境会議への選択肢提示に向け、さらに集約を図り検討を進めていく。

<後略>