フォントサイズ:

日立、リトアニア輸出で新段階へ 同国エネ省と事業権付与契約を締結 安全性強化のABWR 発電事業会社に一部出資

2012年4月5日

日立は3月30日、リトアニアが計画するビサギナス原子力発電所建設計画について、同国エネルギー省と事業主体への一部出資を伴う事業権付与契約を締結したと発表した。同契約は3月から開催しているリトアニア国会での承認を経て、正式な契約となる。承認が得られれば、同社が提案しているABWR実現に向けた新たな段階を迎えることになる。


同国の議会承認後、日立や08年に同プロジェクトを推進するためにリトアニアが設立したプロジェクト会社VAE、周辺国のエストニアやラトビアなども出資して設立予定の新たな事業会社に、原子力発電所建設の事業権が与えられることになる。日立も一部出資する同新会社は、今年夏頃には設計・調達・建設などを行う最終契約を締結し、2021年の運転開始をめざす。


<後略>


事業権付与契約に署名するリトアニア・エネルギー省のZ.ベイアイナス次官(=写真右)と

羽生正治・日立執行役常務=3月30日、リトアニア首相府で

日立、リトアニア輸出で新段階へ 同国エネ省と事業権付与契約を締結 安全性強化のABWR 発電事業会社に一部出資