フォントサイズ:

日英原子力サミットが開催 キャメロン首相 新規建設を重視 両国の原産協会、協力覚書を締結

2012年4月11日

英国のD.キャメロン首相来日にあわせ、日英両国の原子力関係者が参加して「日英原子力サミット」が10日、東京の英国大使館で開催された。同首相はこれまでの両国原子力協力の成功を評価し、廃炉等で今後の連携の可能性を示した。


サミットには英国から、同首相のほかJ.ベディントン政府首席科学顧問、J.クラーク英国原子力廃止措置機構総裁ら7名、日本側は枝野幸男経産相と細野豪志原発担当相、産業界から服部拓也原産協会理事長が参加して、講演などを行った。


キャメロン首相(=写真)は挨拶の中で、協力の歴史が長い日英両国が除染や廃炉でも協力する余地が多くあると述べるとともに、英国においては、将来の電力需要増加が予測される中で、原子力は重要な役割を果たすと明言。再生可能エネルギーの開発とともに高経年原子力発電所の更新の必要性を指摘し、政府としても民間と連携、支援したいとの考えを述べた。


<後略>

日英原子力サミットが開催 キャメロン首相 新規建設を重視 両国の原産協会、協力覚書を締結