フォントサイズ:

サイクル小委報告の扱い審議へ 原子力委

2012年6月8日

鈴木達治郎・原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会座長は5日の原子力委員会で、同小委員会での検討結果を報告した。冒頭で同小委員会が開催した勉強会が現在問題になっていることについて触れ、信頼性を損ねたことに対する謝罪と検証への協力を述べた。


報告を受けた近藤駿介委員長は、エネルギー・環境会議への出し方について原子力委員会内でも議論したいとした。


鈴木原子力委員長代理は個人の意見としながらも、「全量再処理に積極的な合理性はなかった」として、実用化が不確実な全量再処理路線からの撤退を明確にし、直接処分の研究に着手することを提起した。鈴木氏は「FBRの実用化が不確実なこと、研究炉の使用済み燃料、福島の使用済み燃料対応や直接処分などすぐにでも取り組む必要がある」とした。