フォントサイズ:

国、事業者を厳しく批判 国会事故調 信頼回復へ改革迫る

2012年7月13日

国会の東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(委員長=黒川清・元日本学術会議会長=国会事故調)は5日、報告書を取りまとめ(=写真)、衆参両院議長に提出した。福島事故の根本原因とその背景、改革への提言などを盛込み、今後、国会での議論を求めた。


報告書は事故の根源的原因として、歴代の規制当局と電気事業者との関係について、「規制する立場とされる立場の『逆転関係』が起き、規制当局は電気事業者の『虜(とりこ)』となっていた」と指摘する一方、事業者は「既設炉の稼働の維持」や「訴訟対応で求められる無謬性」(過去の正当性)を守るために、「何度も事前に対策を立てるチャンスがあったにもかかわらず、回避や先送りを行ってきた」と厳しく批判している。


<後略>

国、事業者を厳しく批判 国会事故調 信頼回復へ改革迫る