フォントサイズ:

国民意見を総括、決断へ 有識者検証会合でまとめ 近くエネ環境会議開催

2012年8月30日

エネルギー・環境問題に関する国民的議論について、政府の有識者検証会合が28日に開かれ(=写真)、今後の戦略策定に向けた結果総括を取りまとめた。これまでに実施した意見聴取会、パブリックコメント、討論型世論調査などを踏まえた各シナリオ支持率の集計の解釈や論点を整理したもので、関連データと合わせて、近く開くエネルギー・環境会議に報告される運び。


エネルギー・環境会議は6月末に、原子力比率に応じた「ゼロシナリオ」、「15シナリオ」、「20〜25シナリオ」の3つの選択肢を用意し、国民的議論を開始した。検証会合では、政府主催の意見聴取会、パブリックコメント、討論型世論調査の結果に加え、マスメディアによる世論調査や関連団体からの提言なども総括し、有識者による意見を求めた上で、戦略策定に資するため、「国民の意見の縮図といえるのか」といった評価軸で、各調査の特徴を整理した(=2面に集計表)。


<後略>

国民意見を総括、決断へ 有識者検証会合でまとめ 近くエネ環境会議開催