フォントサイズ:

「暫定保管」、「総量管理」提言 学術会議 高レベル処分で検討報告

2012年9月13日

今田高俊・日本学術会議高レベル放射性廃棄物の処分に関する検討委員長は、11日の原子力委員会定例会議で検討結果を報告した。原子力委員会は10年に学術会議に対し検討依頼していた。


報告書では、エネルギー・原子力政策における社会的な合意がないまま、最終処分地選定への合意形成を求めるのは適切でなく、大地震など不確実な自然現象の中で数万年以上にわたって安定した地層を確認することへの限界が指摘された。


<後略>