フォントサイズ:

福島第一3号・燃料プールへ 瓦礫処理中に鉄骨落下

2012年9月27日

東京電力は22日午前、福島第一原子力発電所3号機の原子炉建屋上部で瓦礫撤去作業を行っていたところ、使用済み燃料プールの脇にあった鉄骨(約30センチ×20センチ×7メートル、約470キログラム)をクレーン先端に取り付けた油圧フォーク(=写真下の右上の黄色い機械)でつかもうとしていた最中に、この鉄骨が使用済み燃料プール内に滑り落ちた、と同日発表した。

同プールの代替冷却システムの運転状況や水位、プール水の核種分析の結果や発電所内のモニタリングポストの値には異常は確認されていない。

3号機燃料プールの上空からの現況写真。一部は瓦礫撤去済み。(=写真左)

福島第一3号・燃料プールへ 瓦礫処理中に鉄骨落下