フォントサイズ:

中央操作室など視察 野田首相 二度目の福島原発

2012年10月11日

野田佳彦首相は7日、東日本大震災による被災状況を把握するため、福島県を訪問した。長浜博行環境相が同行した。


初めに、福島県双葉郡広野町のエリア警戒隊の拠点を訪問し、警戒区域の治安維持に当たっている警察部隊を激励した。


続いて、双葉郡楢葉町の復旧の基地となっているJヴィレッジを訪れ、事故発災直後に現場対応にあたった人たちと懇談し、「恐怖と過酷な環境の中で奮闘いただいたことに、国民の1人として心から感謝を申し上げたい」と述べた。


その後、二度目の訪問となる東京電力福島第一原子力発電所内に移動し、緊急時対策本部で原発事故の収束にあたっている職員を激励(=写真左)した後、防護服に着替え、4号機原子炉建屋上部の使用済み燃料プールや、1、2号機中央操作室を視察した。


中央操作室では、被災直後の状況を再現し、全電源が喪失して真っ暗な中で懐中電灯を頼りに作業に当たった状況などを体験した(=写真右)。


<後略>


(写真は首相官邸ホームページから)

中央操作室など視察 野田首相 二度目の福島原発