フォントサイズ:

政府のエネ環境会議中心に策定 前原戦略相「省エネ拡大で原発ゼロ見えてくる」 年末目途に各計画を策定 原子力政策も確定へ

2012年10月24日

エネルギー・環境会議が19日に開かれ、9月に決定した「革新的エネルギー・環境戦略」について、年末を目途に実施する検討事項を確認した。原子力政策に関しては、原子力委員会における政策大綱の審議が中止となったため、エネルギー・環境会議の場を主体に議論されることとなった。


同戦略の決定後、初めての開催となった今回のエネルギー・環境会議では、当面は年末にかけ、「実施に直ちに着手する」ことを第一に掲げ、各種大綱・計画の策定作業を進めるとともに、喫緊のエネルギー需給問題については、予断を排して厳正に評価し、節電等の要否を含め判断するとしている。


原子力政策については、(1)核燃料サイクル政策(2)人材や技術の維持強化(3)国際社会との連携(4)立地地域対策の強化(5)原子力事業体制と原子力損害賠償制度――を盛り込むべき内容とし、エネルギー・環境会議の場を中心に議論する。また、エネルギー戦略にも記述された原子力委員会の見直しは、あり方に関する有識者会合を近く設置し、組織の廃止・改編も含めた検討を行い、年末までに結論を出す。


<後略>


前原誠司・国家戦略担当相

政府のエネ環境会議中心に策定 前原戦略相「省エネ拡大で原発ゼロ見えてくる」 年末目途に各計画を策定 原子力政策も確定へ