フォントサイズ:

事故調経験者、問題点指摘 原子力規制委 有識者からの意見聴取開始

2012年11月21日

原子力規制委員会は21日、有識者との意見交換を公開の場で初めて行った。同委に求められた専門性・独立性の向上の一方、「独りよがりにならないよう」高い透明性の担保を目指し、外部からの意見を求め活動の参考に資するもの。同日、出席した有識者は、浅岡美恵氏(気候ネットワーク)、飯田哲也氏(環境エネルギー政策研究所)、津田知子氏(セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)、船橋洋一氏(日本再建イニシアティブ)、柳田邦男氏(作家)。

意見聴取で、浅岡氏は、他産業のリコール制度とも対比しながら、今後のバックフィット制度運用に言及し、最近、規制委で論点となりつつある指針類改定の議論が十分になされるよう、安全確保の法的枠組みに関連する意見を述べた。

安全規制行政改革に携わった飯田氏は、同委自ら「あの現状(福島災害)を防げる組織なのか問いかける」必要を指摘した。

<後略>