フォントサイズ:

敦賀2号下に「活断層」 規制委評価会議が見解 原電は否定し、公開質問状

2012年12月12日

原子力規制委員会は10日、日本原子力発電・敦賀原子力発電所の敷地内破砕帯調査に関する評価会合を開き、有識者らによる現地調査結果を踏まえ、2号機(=左写真)原子炉建屋下に存在するD―1破砕帯が活断層として活動し、近傍の浦底断層と同時にずれを生じたと考えられるとの見解で概ね一致した。敦賀発電所は現在、1、2号機とも定検停止中だが、同日の審査状況を受け、田中俊一委員長は、「今のままで再稼働ということでの安全審査はとてもできない」などと所感を述べた。原電は見解に納得せず、公開質問状を提出し、今後さらに追加調査を行うことにしている。


<後略>


2号機と有識者一同による記者会見(=右写真)

敦賀2号下に「活断層」 規制委評価会議が見解 原電は否定し、公開質問状