フォントサイズ:

原災踏まえ、津波対策強化 原子力規制委 新安全設計基準骨子まとめ

2013年1月30日

原子力規制委員会の専門家チームは29日、原子力発電所の地震・津波に関わる新安全設計基準の骨子案を取りまとめた。今後、パブリックコメントに付せられる運び。


規制委員会は、旧原子力安全委員会が昨年3月に整理した耐震指針の改訂案を引き継ぎ、法令に基づく安全設計基準として定めるべく検討を行ってきた。


このほど取りまとめられた新安全設計基準の骨子案では、地震および津波に対する設計の基本方針として、シビアアクシデントに至らないことを立地条件で担保する考えから、想定される地震動に対し十分な支持性能を持つ地盤に設置し、重要な安全機能を持つ施設は、将来も活動する可能性のある断層等の露頭がないことを確認した地盤に置くよう要求している。


<後略>