フォントサイズ:

性能試験再開に向け準備 文科省 「もんじゅ」計画中間整理

2013年1月30日

文部科学省のもんじゅ研究計画作業部会(主査=山名元・京都大学原子炉実験所教授)は22日、高速増殖原型炉「もんじゅ」の研究開発計画に関する中間的論点整理を取りまとめた。前政権下で策定されたエネルギー・環境戦略を踏まえたもので、当面は、安全確保に万全を期しつつ性能試験に向けた準備を進めることとし、重要度・優先度を見極め試験計画を策定していく。


12年9月決定のエネルギー・環境戦略では、「もんじゅ」については、「年限を区切った研究計画を策定、実行し、成果を確認の上、研究を終了」とされている。これを受け、作業部会は10月より6回の会合を召集し、「もんじゅ」を設置する日本原子力研究開発機構他からヒアリングを行い、今後の研究開発のあり方について検討を行った。


<後略>