フォントサイズ:

「電力は正に生命線」 茂木経産相 電事連各社長と懇談

2013年2月6日

茂木敏充経済産業相と電気事業連合会との懇談会が1月30日、都内ホテルで行われ、経産省幹部、電力各社社長ら出席のもと、今後のエネルギー政策について意見を交わした。


冒頭、電事連の八木誠会長(関西電力社長)は、全国的に原子力発電所の再稼働が見通せない中、最大の使命として、電力の安定供給に努めている姿勢を述べ、政府側に理解を求めた。


これに対し、茂木大臣は、現政権下で打ち出された成長戦略策定にも触れながら、経済対策を進めるに際し「電力供給は正に生命線」として、エネルギー安定供給の重要性を述べた。原子力政策に関しては、「安全第一」とした上で、原子力規制委員会の専門的判断により、安全性の確認されたプラントは再稼働すべきとの考えを示した。また、震災後にひっ迫したエネルギー需給状況を踏まえ、電力システム改革の推進、国民理解の醸成にも言及し、電力業界に対し様々な課題への対応を求めた。


<後略>


茂木経産相と電事連各社社長との懇談(1月30日)

「電力は正に生命線」 茂木経産相 電事連各社長と懇談