フォントサイズ:

災害対応ロボット公開 NEDO 過酷な環境下で使用可

2013年2月27日

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は20日、「災害対応無人化システム研究開発プロジェクト」が今年度で完了するにあたり、開発した9分野のロボット技術(=写真下)を千葉工業大学・芝園キャンパス内の共同研究施設で公開した。


同プロジェクトでは、人間が入り込めない過酷な災害現場で災害状況の把握や機材の運搬、復旧活動を行うロボット技術の開発を行ってきた。プロジェクト終了後は委託先の企業や大学等が災害現場での実用性を高めるための課題に取り組むとしている。


<後略>

災害対応ロボット公開 NEDO 過酷な環境下で使用可