フォントサイズ:

国家的命題 最高の技術で 衆議院経済産業委員会 国が前面に立ち汚染水対策

2013年10月3日

衆議院の経済産業委員会(富田茂之委員長〈公明〉)は9月27、30日、福島第一原子力発電所事故炉の廃炉・汚染水に関し、東京電力、行政庁、規制委員会から関係者を呼び、質疑応答を行った。

27日は、東京電力の廣瀬直己社長が中長期ロードマップに基づく廃炉作業の進展、汚染水対策の状況を説明した。多核種除去設備や凍土壁の設置を図る国の予算措置について、廣瀬社長は、「国が前面に立つことは心強い」などとし、精神的支え、人員のモチベーション向上にもつなげ、対応していく考えを述べた。これに対し、自民党議員から、「世界中の注目を集める国家的命題」と問題の重要性を強調し、「最高の技術」で当たるべきとする意見があった。

<後略>