フォントサイズ:

「活動の透明性を」 規制委、JANSIと意見交換 産業界の見える化 「ビジョン必要」とも

2014年4月28日

原子力規制委員会は22日、原子力安全推進協会(JANSI)と意見交換を行った(=写真)。JANSIは、12年11月に、前身の原子力技術協会を改組し発足した事業者による自主的な安全性向上を目指す組織で、福島第一発電所事故の反省に立ち、運営の基本として、「独立性の堅持」、「強い権限」、「情報の共有化」などをうたっている。規制委員会からは、田中俊一委員長、更田豊志委員、大島賢三委員が、JANSIからは、松浦祥次郎代表、藤江孝夫理事長らが出席した。

<後略>

「活動の透明性を」 規制委、JANSIと意見交換 産業界の見える化 「ビジョン必要」とも