フォントサイズ:

今夏の電力供給も厳しい状況 経産・小委で検証

2014年4月28日

経済産業省総合資源エネルギー調査会の小委員会は17日、今夏の電力需給に関する審議を開始した。電力各社から報告された需給バランスを取りまとめ、原子力発電所が再稼働しないとして、他社間の電力融通も含めて最低限必要とされる予備率3%がかろうじて確保できる見通しが示された。同委員会に出席した関西電力は、他電力からの受電、火力発電所の酷使による計画外停止の発生リスクなど、厳しい需給状況となることを訴えた。

<後略>