フォントサイズ:

経済同友会 エネ自立社会に向け提言 再稼働するも「縮・原発」

2014年4月30日

経済同友会はこのほど、環境・エネルギーの視点から、30〜50年頃を見据えた中長期的に目指すべき社会像の実現に向け提言を発表した。「エネルギー自立社会」と「低炭素社会」の構築を掲げ、原子力発電については、「低炭素電源」と位置付け、継続利用の必要を述べる一方で、規制委員会による審査が不合格であったり、寿命に達した設備は順次廃炉を進め、原子力の依存度を下げる「縮・原発」が望ましいとしている。

<後略>