フォントサイズ:

原産協会 2011年原子力産業動向調査 売上げ減少等 86%が長期停止の影響を予想

2013年4月2日

日本原子力産業協会は3月27日、「原子力発電に係る産業動向調査2011」をまとめた。回答企業の約87%が原子力発電所の停止長期化にともない、売上げ等に影響があるとしている。また今後売上以外で予想される影響としては、「人員の配置転換」(約25%)、「雇用の縮小」(約16%)、「他分野への資源(資金・人員等)の重点化」(16%)、「技術力の低下への懸念」(約15%)などが挙がっている。


この調査は、福島第一原子力発電所事故後の2011年度を対象とした原子力産業への影響を探る初めての調査で、今年度から、原子力発電所の長期停止による立地地域への影響を把握する目的で、定量調査では「立地道県内における地元雇用者数」を、アンケートによる意識調査では「原子力発電所の運転停止に伴う各社への影響」を新たに調査した。


<後略>