フォントサイズ:

99%同時に除去 日立が新型吸着剤 福島第一発電所むけ ストロンチウムとセシウム 滞留水の処理に威力期待

2013年4月11日

日立製作所と日立GEニュークリアエナジーは4日、東京電力・福島第一原子力発電所で発生する滞留水の処理に使う新型吸着剤を開発したと発表した。セシウムとストロンチウムを99%以上、同時に除去できる性能を実現した。


福島第一発電所では、500立方m/日の雨水、地下水の流入等も含め、高濃度の滞留水が発生しており、処理水の貯蔵タンクもひっ迫している状況だ。滞留水は現在、放射性セシウムの吸着処理、海水成分の逆浸透膜での淡水化処理による浄化作業が続けられており、これに伴い生成する濃縮海水には微量の放射性セシウムとともに、高濃度の放射性ストロンチウムが含まれており、漏水による放射性物質の飛散防止のため、双方の除去が求められている。


日立が今回開発した吸着材は、チタン酸塩化合物に特殊処理を施すことで可能となったもので、99%の高い除去率を有し、現在、福島第一原子力発電所で進められている滞留水処理への適用が期待される。


<後略>