フォントサイズ:

急がれる汚染水対策 経産省、対策委員会を設置 東京電力福島第一 推進・規制側が連携し取組み強化

2013年4月17日

東京電力の福島第一原子力発電所に貯蔵されている汚染水の管理をめぐり、政府が対応強化に乗り出した。経済産業省に対策委員会を設けて抜本策をまとめ、問題解決に取り組む方針を打ち出した。


東京電力福島第一原子力発電所のプラント安定化・廃止措置を巡り、昨今、トラブルが頻発していることにから、資源エネルギー庁の高原一郎長官と原子力規制庁の池田克彦長官が11日、会談を行い、推進側、規制側の立場を超え、政府として対策を強化していくことを確認した(=写真)。


<後略>

急がれる汚染水対策 経産省、対策委員会を設置 東京電力福島第一 推進・規制側が連携し取組み強化