フォントサイズ:

マンスフィールド財団が提言 日米共同の戦略的優先事項 福島事故の対応等 基軸として連携し取組み

2013年5月22日

米国のマンスフィールド財団は米国科学者連盟、笹川平和財団と協力して、福島第一原発事故後の課題について日米が共同で取り組む戦略的な優先事項等の提言をとりまとめた。事故後、日本のエネルギー政策の変更が世界的にも影響を及ぼすため、基軸関係にある日米両国に有益な取り組み事項を日米の原子力専門家11名で構成されるワーキンググループがまとめた。同財団で提言とりまとめに携わったシェイファー氏のインタビューを交え、提言の概要を紹介する。

マンスフィールド財団が提言 日米共同の戦略的優先事項 福島事故の対応等 基軸として連携し取組み