フォントサイズ:

政府、中長期ロードマップを改訂 燃料デブリ取出し、前倒し 福島の廃炉計画 研究開発も本格整備へ

2013年7月4日

政府の福島第一原子力発電所事故炉の廃止措置に関する対策会議は6月27日、廃炉への取組を加速させる改訂版中長期ロードマップを決定した。1〜4号機ごとの状況に応じたスケジュールを検討し、燃料デブリ取り出しの開始目標を前倒しすることとした10日公表のたたき台に対し、地元自治体、有識者らの意見、原子力委員会への説明を踏まえた上で、コミュニケーション強化、研究開発体制の本格整備なども盛り込み成案とした。


<後略>


福島第一・号機別スケジュール

政府、中長期ロードマップを改訂 燃料デブリ取出し、前倒し 福島の廃炉計画 研究開発も本格整備へ