フォントサイズ:

日本原子力研究開発機構 福島復興に向けた取組み

2013年7月4日

福島第一原子力発電所の事故では、放射能汚染の問題が生活を脅かす事態になり、放射線に対する国民の関心が高まった。一方で、放射線利用技術の長年の蓄積をベースに、福島の事故収束や環境回復に貢献する取り組みが進められている。日本原子力研究開発機構(原子力機構)では、セシウムを吸着する新材料の開発やセシウムを多く吸収する植物の品種改良研究、さらに事故収束に使う作業用ロボットの部品に必要な耐放射線性評価など、これまでの技術を総動員し福島復興に役割を果たそうとしている。今号でその主な事例を紹介する。(記事中の写真・図表は原子力機構提供)


<後略>