フォントサイズ:

事故教訓テロにも活かす IAEA核セキュリティ会議 経験を共有

2013年7月11日

国際原子力機関(IAEA)主催の「核セキュリティに関する国際会議――グローバルな努力の強化」閣僚初会合が1日〜5日、ウィーンで開催された。


日本政府代表として鈴木俊一外務副大臣が初日に出席し、福島第一原子力発電所事故で得られた知見・教訓を、事故のみならず原子力施設へのテロリストによる攻撃といった「人為的な危害」に対する備えにも活かしていくとした。


<後略>