フォントサイズ:

国際廃炉研究機構が発足 山名理事長廃炉終結へ やり遂げる決意表明

2013年8月21日

原子力プラントの廃止措置に関する研究開発を一元的にマネジメントする「国際廃炉研究開発機構」が8日発足し、理事長に就任した山名元氏(=写真左、京都大学教授)は、都内で記者会見を行い、新組織の概要を説明するとともに、福島事故炉の廃炉終結を、「何が何でもやり遂げなければならないミッション」として、国内外の英知を結集し「世界に例を見ない困難」に立ち向かう使命感と決意を述べた。

<後略>

国際廃炉研究機構が発足 山名理事長廃炉終結へ やり遂げる決意表明